fuman999’s diary

守護神を持とう‼️敬天明神会

天照大神について〜敬天明神会

天照大神について〜番外編〜敬天明神会

私が大物主大神【大神様】の正式なお代になるまで、

まだ、この領域に入りたての20歳ぐらいの時は、伊勢神宮に何回も、ある心願を成就してほしく、通っていた時がありました。【皆さんにはすでに伝えてるように、伊勢神界に行ったり大神神界に行ったりする事は、ご法度です。その神社の祭神の御隆盛を祈るだけなら良いですが。】

丁寧にする為、大金をかけて御神楽までも毎回、

奉納していました。

もちろん、一番通っていたのは大神神社ですが。

しかし、天照は私の心願を聞くどころか、

眷属神の守護神さえ付けてくれませんでした。

というか、憑かない神社なのです。

【今、思えば大神神社にも伊勢神宮にも同じ事を頼んでいたので、ご法度です。いま言えば論外です。もし、伊勢神宮だけだったならば、又違った流れになっていたかもしれませんが。宿命でしょう。】

参拝のあと、私の写真を撮ったら、オーブだらけでした。

それは何の意味無い。スピリチュアル好きな人は喜びますが、何の意味もないです。

天照大神は、建前は女神ですが、私の霊視では、 

奥に男神がいてると、感じていました。

なにはともはれ、分かったことは、天照は一、個人の頼みは聞かないと言う事です。

日本人の総氏神の立場が基本的なスタンスという事です。

しかし、約10数年後、大神様のお代になってから、

夜、寝ようとした時に、天照と名乗る女性の声が。

その言葉は、【天照大神です。フーマンさんの事は、大物主大神様に全て託しています。】との発言でした。

あっ、当時の事は通じていたんだなと嬉しかったのを覚えています。後、天照と大神様は仲が良いんだなと思いました。

大神様に聞くと、【仲は悪くはないが考え方が違う。以上だ。】と仰って頂きました。

ちなみに私の産土神社は、全国の総本宮住吉大社です。

この領域の中で、住吉明神は、爺さんの姿を取って現れるとは聞いていました。

さて、大物主大神様【大神様】の正式なお代になったので、

もう、今世では許可を取れない限り、

大神神社以外には行けないので、

住吉明神の所へ、大神様の許可を取り、今世での最後のご挨拶に伺いました。

案の定、威厳のある爺さんのお姿でした。

様々なアドバイスを頂き、感激しました。

励まして頂けました。

大切な大事な思い出です。

気が向いたら、エピソード形式で、現在までの流れや、

お代になる宿命故に、死線のギリギリまでの状態が何度も続いた事。加持祈祷時代の事など書いていく予定です。

日本人の御心が大神様の御心に成りますように。

総裁 フーマン 拝