fuman999’s diary

守護神を持とう‼️敬天明神会

様々な神社仏閣で祈りまくらない事〜敬天明神会

何度でも言います。どの神社仏閣の御祭神にしろ、

御本尊にしろ、あちこち願い事ばかり言っては決していけません。

貴方が神様なら、どうでしょうか?

貴方が好きだから、願いを叶えて‼️と言って、

その気になって叶えてやろうと本業を出す前に、

違う神社仏閣にも、同じ事を祈ってる‼️

→腹が立ちませんか?

はっきり言って浮気です。

神霊が、もっとも嫌う事をしているのです。

荒魂の神霊ならば天罰を与えてくるケースもあるのですよ。

この姿勢は常に守らなければいけません。

例えば、神社仏閣を一つに絞りました。

御祭神が守護と願いを叶えてあげる為に、眷属神をお札に宿らせます。

ここまでは良い事です。

この場合、もう他の神社仏閣に祈る事など、決して犯してはならないのです。

何も私が貴方を大神神界に来てほしいから言ってるのではないのです。

眷属神という神霊は、龍神等になりますが、

非常に我々、人間に近い感情を持っています。

だから、もし祀り主が他のお札を持ってきたりしたら、大変な事が起きるのです。

私は加持祈祷時代、嫌というほど、このケースを経験しています。

間違ったスピリチュアルを広めた江原啓介の大罪です。

新しいお札を持ってきた時点で、、、

優しい眷属神なら、黙って去るでしょうが、、、

荒い眷属神ならば必ず天罰を与えてきます。

天罰の種類は多義に渡ります。

色んなケースがあります。

別に様々な神社仏閣に行っても良いのですよ。

それが【観光】ならば大丈夫です。

手を合わして話す言葉も過去の記事に書いた通りです。

それならば大丈夫です。

江原啓介がスピリチュアルスポットばかり広めたせいで、強欲にまみれた参拝者が穢れを神社仏閣の聖域に落としていくのです。

穢れまくった神社仏閣には、もう【邪神】が居座っているのです。

もう、そのような場合、御祭神であった正神は、

自然界の穢れていない場所に宿ります。

だから、様々な神社仏閣で手を合わすのは怖い訳です。

邪神に手を合わしているのですよ。

大変な目に合うケースは非常に多いです。

気をつけで下さい。

総裁 フーマン 拝