fuman999’s diary

守護神を持とう‼️敬天明神会

神霊を舐めて20代で亡くなった人間〜敬天明神会

私が、加持祈祷時代、知り合った、霊能者なのですが、龍神を祀っていました。

その方は、まだ20代の若さだったのですが、

口を開けば、【ウチの野良龍神がぁ〜】とか、

【何の役にも立たない糞龍神がぁ〜】とか、

【何の御利益もない能無し龍神がぁ〜】とか、

会えば、文句のオンパレードだったのです。

私でも、そんな事は一言も言いません。

私は、ずっと注意していました。

そんなに侮辱ばかりしていると天罰を食らうよと。。。

龍神は逆鱗と言う一面を持っているからです。

逆鱗に触れると、怒ると本当に怖いです。

今や私は白龍と同化しており、又、5500万体もの龍神群、約4000体の成願稲荷群、約4000の騎士団を傘下に収めていますが、そうなるまでに試練がありました。

このブログを読んでくれている方々ならば分かっている事ですが。

さて、ある日から突然、その20代の方と連絡が取れなくなりました。

なぜか、凄く心配しているのは覚えています。

数日後、この二十代の方の母親から連絡がありました。

息子が心不全で急死しました。と。

私は、あっ!龍神に命を取られたなと思いました。

真願【白龍】に確認すると、まさにその通りでした。

崇めなければいけない存在を、一、霊能者が偉そうにしたらダメだという教訓です。

私でも、傘下に納めていますが、褒めて、可愛がる事はあっても、よっぽどの事が無い限り、侮辱などしません。

しかし、可哀想な思い出です。

総裁 フーマン 拝