fuman999’s diary

守護神を持とう‼️敬天明神会

話し合いで解決出来る場合がある〜敬天明神会

加持祈祷時代、ある男性から連絡がきました。

まだ、20歳前半で、神棚には大神神社のお札を祀っていると言います。

そして、ある日から【不動明王を祀れ〜不動明王を祀れ〜】と頭の中で響き渡ると言います。

真願【白龍】に精神病か?と聞くと、違うと言います。

大物主大神【大神様】の眷族が、霊能者の使命、お役を持ってない限り、そんな事は言いません。

この男性は、そのようなお役は持っていません。

現地に着くと、げっそりした男性がいました。

あまりにも言われるので、頭がおかしくなりそうだと言います。

私は神棚を霊視しました。

眷族神はいません。空です。

輩は、どこに隠れてるのか、家を見渡しました。

やっと分かりました。

龍神の像が玄関に置いてあり、そこに隠れていました。

真願【白龍】が、引っ張り上げて締め上げます。

えらい派手なカラフルな蛇霊でした。

私は話をしようと言いました。

【アンタは、本当は蛇神じゃなく不動明王になりたがってんなぁ?不動明王は強いもんなぁ?カッコいいなぁ?でも、アンタも真面目に働いたら、いつか龍神になれるやないか?龍神にはなりたくないんか?】

と、聞きました。

すると黙りました。

【なぁ、アンタに線香護摩で火炎を上げて、不動経と聖無動尊大威努王秘密陀羅尼経を上げたるから、それで、気分を味わってくれ!アンタは見た限り、穢れが目立つわ。もしかしたら、しんどくなるかもしれんが、しんどくなったら言ってくれるか?中断するから!】

と言うと、えらい嬉しそうにしています。

根はまだ、純粋な物を持ってる。

線香護摩を行いました。

何回か途中で中断しましたが、最後まで、そのカラフルな蛇霊は、喜んでいました。

私は言いました。

【アンタ、アンタに鳴釜をやって、元々の綺麗な力の有る巳神に変えたる!そこでや、綺麗になったら、私が、大神様に頼んで、大神神界で一から修行して、

今よりも立派になって、それで、アンタが人を救う龍神に成りな!】

しばらく時間を要しました。

何か考えてるみたいです。

カラフルな蛇霊は、大神神界に行くと言いました。

ふぅ、出来れば毎回、抹殺ばかりしたくないんです。

こうやって話が分かる相手もいると言う事です。

早速、鳴釜神事を行いました。

釜に法力を入れます。

霊視をすると、釜の上に大神神社という金文字が出ています。

これは最初で最後の体験です。

真願【白龍】が、もう行くぞというと釜の上に離しました。

洗い米を入れます。

音は強烈に鳴り出しました!勢いよく送り出すよう爆音でした。

釜は正直です。

綺麗な巳神になって空に向かって消えていきました。

修行が辛くなっと、再び、この男性の元に戻ったらいけないので、ご神刀で縁を切りました。

これで、大丈夫です。

依頼者の男性に、聞こえるか?と聞くと、【あれ?なんにも聞こえないわ!有難うございます!】

と言ってきました。

良かったです。

しかし、まだ、課題がありました。

大神神社のお札かありましたので、私はお札に向かって言いました。

【さっ!三輪大明神様!綺麗に成りました!お姿を見せて下さい!】と言いました。

すると、手足の無い龍神が姿を現しました。

まぁまぁの大きさです。

私はこの男性に祀るか?それとも、もうお帰りになってもらうか?どうする?

と言いました。

すると、しっかり祀ります!と言います。

女の巳神【大物主大神様の眷族神】だと真願【白龍】が言ってきました。

まぁ、これで安泰でしょう。

私は再度、キツく、この男性に必須事項と注意を言いました。

素直に返事をしました。

すがすがしい加持祈祷でした。

総裁 フーマン 拝