fuman999’s diary

一代で資産120億を築き上げた男の婚約者との日常の日記です〜敬天明神会

18歳頃の悲しい思い出と霊体での別れ〜敬天明神会

私が小学1年生の時から買っていたペルシャ猫の話です。

私は大好きで、家族の中では、私が一番可愛がっていました。

しかし、大嫌いなのは親父でした。

酒乱の親父は飲んで、帰ってくると、機嫌が悪い時は、プチといいますが、プチをドツキ回すのです!

私はいつも庇い、私がドツキ回されていました。

時は経ち、私が18歳の頃、帰ったらプチがいません。オカンに聞きました。プチは?

すると酒に酔った親父は車でプチを連れて殺してきたと言います。

年々の恨みが大爆発した私は親父を半殺しにしました。

それから一週間、友人の家に身を寄せていました。

母親から連絡があり、親父が機嫌治っているから帰っておいでと言うので、帰りました。

その夜中の事です。

私はパッと目が覚めました。

するとベッドの下に、プチが丸まっていたんです!!

私は【プチっっ!!!】と叫びました。

すると、プチのいつもの甘えた鳴き方で、ニヤ〜と鳴き返してきました。

そして、どんどん薄くなっていきます!

私はプチ!プチ!行くなっ!と言いました。

完全に消えてしまいました!

寝ぼけてたと思われるのが嫌で、そのまま朝まで起きていました。

母親と弟との三人で線香をベランダに向けて。。

お別れにきてくれたんやなぁ〜と。。。

しかし、親父は夜叉ではないかと心底思いました。

殺した理由は、自分が抱っこしたのだが、引っ掻かれた!それに激怒した親父は、プチを殺して、川に流したそうです。

私の親父は来世は畜生でしょう!!!

因果応報の法則です。

家畜になり、殺されるのです。

私は願ってやみません。

総裁 フーマン 拝