fuman999’s diary

一代で資産120億を築き上げた男の婚約者との日常の日記です〜敬天明神会

新入生へラスト〜敬天明神会

昭和の日本で、ナンバー1、ナンバー2と言われるぐらいの霊能者が京都伏見稲荷の首座神、豊受大神のお代であった方で修行の鬼です。

タイプは予言者タイプでした。

霊能一代という著本を出していますが、今や絶版で、

七万円ぐらいで、取引されてます。

私はツテで、運良く無料で読めました。

この境地に立った人が言っています。

【人間にとっての神とは白狐や龍神、巳神等です。】

まさに、今の私と同じ境地です。

もし、今生きていたら霊力勝負をしたいほどです。

まぁ、私が勝つでしょう!配下の守護神の数が違いすぎます。

要はどれだけ守護神を持っているかで、霊能者の器が分かります。。。

総裁 フーマン 拝