fuman999’s diary

現在は日常の日記です〜敬天明神会

誰とでも寝る女〜敬天明神会

実家の近所の文化住宅に、軽度の知的障害の女性が一人暮らししています。

私の母曰く、いっつも知らんオッサンばっかりが、でいりしている。

誰とでも寝る気持ちの悪い女やわと昔から言っていました。

昔、弟も誘われて、一度、家に入ったと言います。

なんか脳のレントゲンを見ただけと言っていましたが、母に激怒され、親父からもしばかれていました。

そこまでせんでいいやろと言ったのを覚えています。

いや、気持ちの悪い女や!と今でも言います。

先々月、すれ違った瞬間、興味が湧いたので、

霊視をしました。

五体の野良の色情の蛇霊が憑いていました。

あ〜こいつらのせいかと納得しました。

母に伝えてあげました。早死にするから、あんまり敵視しないで、放っておけと言いました。

可哀想な女性です。

総裁 フーマン 拝