fuman999’s diary

現在は日常の日記です〜敬天明神会

夜中に襲撃〜敬天明神会

夜、眠っていると、激しい邪気を感じ、目が覚めたので、すぐ様、結界を張った!!邪神だ!

結界に入ってこれないと思い、逃げだそうとしているが、

真願【白龍】が、がんじがらめに邪神を締め付けている。そして治龍達が、一斉に火炎を吐いて、邪神は蒸発された!

私は言った!なぜ、守護を突破出来たのか?と。

すると、治龍【龍神群の代表】が説明してきた。

魔界から、私のより近くから出てきたのです。

大将と我々の間から出てきたんです!!!

だから、すぐに捕まえられなかったと言う。

私は真願【白龍】と同化しているので、鼻から邪神の誤算だが。。。

しかし、まるで、モグラ叩きだ。

私の周りには莫大な守護神達がいる。

私と守護神達の間から出てくるとは、頭の良い邪神もいたもんだ。

どうやら、邪神達は、本気で私の命を狙っているみたいだ。

総裁 フーマン 拝