fuman999’s diary

現在は日常の日記です〜敬天明神会

エピソード11〜龍神群の集結〜敬天明神会

加持祈祷は辞めました。サイトやブログも廃棄し、修行と仕事を頑張って続けていました。

趣味のウォーキング中、一体の大きな龍神が、現れました。

そして話しかけてきます。

【私達は大将の魂に惚れている連中です。どうか配下にして下さいませんか?

今、現在で400万体いております。

そして、どんどん増えていきます。

大将は、何もしなくて結構です。

私達が大将の手となり足となり、頑張りますのでお願いします‼️】

と言ってきました。

私と同化している真願(白龍)に聞きました。

【どうする真願?あいつらはお前より強いか?】

すると、(タイマンでは負けないが400万体でいっせいに来られたら、分からんがな。まぁ、いいんじゃないか?配下にしてやれば。)

と言うので、【よし、いいだろう‼️配下にしてやる。】と言いました。

私は付け加えて言いました。

「その代わりに、真願【白龍】を襲ったりするなよ?まぁ、お前らも、ただで済まんと思うがな。」

と言うと、【了解しました。有難うございます。今から、仲間を集結させます。】

と言います。

私は、これが大神様の言ってた事かと、ピンっとしました。

どんどん集まってきます。

400〜800〜1900〜2800〜4600〜5500万体。

【今の所は、これ以上は集まりません。

以上です。】と言ってきました。

一年かかりました。

私は【お前らの特技は何や?】と言いました。

すると、「基本的に何でも出来ますが、特に病気治しにはめっぽう得意ですね。普段は大将をお守りしていますので。」

と言ってきました。

私は、これで同化している20キロの白龍、

そして成願稲荷約4000体、

龍神群5500万体。

が守護神になりました。

これだけの守護神を持っている人間は日本にいないだろうなぁと思いました。

事実上、日本一の霊能者になりました。

しかし、私の魂に惚れた???

たぶん、きっと白龍との戦いを見ていたのだなと、

確信しました。

私は(龍神群の代表、出てこい❗️)と言いました。(お前らは大神様の命令で来たんか?)

(確かに命は受けましたが、お前達に任せると言われたので、私達の決断で大将の元に集まりました。)

と言います。

龍神群の代表を「治龍」と命名しました。

そして、これで私は加持祈祷を辞めれました。

晴れて宗教家になる事が出来ました。

もちろん、世の困っている人達の為に、采配をふるいます。

龍神群のパワーのお陰か私は、以前にも増して体力、気力、霊力が格段に上がりました

総裁 フーマン 拝