fuman999’s diary

現在は日常の日記です〜敬天明神会

恭子との出会い!!〜敬天明神会

懐かしいので再度乗せます!!

ーーーー

依頼料された女性が歩いています。

その10メートル後方に、ガリガリの背が高い金髪の男です。

私は車から出ました!【お前!!!とまらんかい!!】と言いました。

こっちを見て、震えています。

【何をしとるんか聞いとんねん!コラっ?ワレ!!ストーカーして楽しいかっ!!】

すると、予想外、土下座をしてきました。

【出来心でした!!!】

真願【白龍】に、即聞きました。

【ほんまか?】、【いや、嘘だ!やってしまえ!】

真願もこいつが嫌いで許さないのでしよう。

ずっと土下座しています。

【嘘つきやがって!】

オラっと蹴りまくりました。

土下座の態勢を変えないので、髪を掴み上げ、顔面をボコボコにしました。鼻を折りました。血まみれです。

怯えている瞬間を見逃がさず、金蹴りをしました。

倒れそうになったので、髪の毛を掴み、肋骨をアッパーで、折りました。

もうボロボロです。持参した金属バットでヒザを破壊しました。

私は言いました!【この女性は私の大切な方や!二度とストーカーをしないと約束するなら、警察には言わん!】

すると、死にかけながら、【警察だけは勘弁して下さい!もう二度とストーカをしません。】

と言います。真願に聞きました。

本当か?【あ〜本当だ。もう良いだろう!やりすぎだ!】

【本当の美人だったので、ついその魅力の何チャラ】と言うので、思いっきりゲンコツをしました。

お前の言い分なんかどうでもいいんじゃ!ボケがっ!!犯罪やぞ!コラっ!!

又、頭に血が昇ってきました。もう一回、髪を掴み上げ、アゴの骨を折りました。

悲鳴をあげています。

【さっさ病院に行け!!重症や!!】

【二度と来るなよ!次、またしたら、こんな程度では済まんからな?分かったな!】

泣きながら、【はい!】と言います。

【帰れ!!!】と言いました。ヨロヨロしながら帰っていきました。

15分ぐらいで済みました。

女性が寄ってきました!!

【フーマンさん!有難う!!

私は◯◯恭子と申します。

フーマンさん!有難うこまざいました。

フーマンでいいよ!

本当に感謝しています。

この埋め合わせは必ずしますので、、、。。。】

依頼料、一万五千円!

【はい、わかっております。】

封筒に入れて、渡してきました。

【しかし、自分が美人すぎるんやろ!!

スタイルもいいし、足も長いし、綺麗な女性やな!!笑】

アハハ!!有難う!!強いね!!

【ちょっと手が血まみれやから、自宅で手を洗わしてくれん?1人暮らし?】

【はい!】と言います。【はんま気をつけや】と言い、手と顔を洗いました。

【じゃあ帰るな!】

【えっ?今からご飯作るから、居て下さい】と言う。

【これは有り難い!甘えさしてもらうな!】と言いました!

【いいえ!命の恩人!】

【フーマン君、有難う!!】

【うん、いいよ!】

【さっきからスマホで何してるの!今の事、ブログに書いてんねん!】

【別にいいやろ?】

【うん、もちろん。】

さぁ、飯が楽しみです。

総裁 フーマン 拝

ーーーー

恭子見てみ!!初めて出会った記事!!

懐かしいね!!笑

ここから俺らは始まってん!!

なんか凄いな、、、

ほんまやな!!

この時、怖かったから言わんかったけどやり過ぎ!!笑

ええねん!!あんなんは、これで!!

でも、これが無かったら、出会えてないで!

人生はほんま分からんなぁ〜

ほんまやな!!奇跡やな!!俺がブログで、この仕事してなかったら、、、時期もずれたら、出会って無かったで?!!

だって運命の出会いやもん!!🎶