fuman999’s diary

現在は日常の日記です〜敬天明神会

嘘や見栄は絶対にダメ!!〜敬天明神会

先日、ある女性からメールがありました。様々な事情があり、私とお婆さんと、息子がいます。お婆さんの御先祖様が何代にも渡り、お稲荷さまを祀っては捨ての繰り返しをしてきたと言われます。この三人は真面目に考え、どうしたらいいものかと思い相談していると言われます。

真願【白龍】に聞くと、この家は、他にも障りがあります。遠い御先祖様の内、武士であり刀を持った男が、背中にお不動様を背負い込んだお坊様を、刀で斬り殺しています。最初にわかったものがこの、お稲荷と、殺されたお坊さんの事です。

この事を聞き、三人は話し合いますと言われました。

翌日、この話を聞いた、この家族の親戚の兄弟2人が、別々に自分も見て欲しいと、メールをしてきました。

【僕は~の仕事をしていて、人を助けているんです。】

【僕の彼女は~をしていて、家族思いのいいやつです。】

【今まで~をして来ました。】

【一生懸命拝んでます。】

この兄弟2人は、分かっていません。舐めています!

誰が聞いているのかを。

自分の話を聞いている人間に、話をしているとだけ思っています。

要は三輪明神を祀らせてほしいと言われます!!

今日、女性から私達が、稲荷様の事、お坊様の事を、真摯に考え、これからどのようにしたらいいかとお聞きになります。

お稲荷さまには、お詫びし、元の世界に帰って頂き、三輪明神をお祀りする事にし、お坊様もご供養する予定でした。

しかし、まだ何か大元のものがあるように思えます。

真願【白龍】に、この家の大元教えてくれ!!と言いました!?

何の反応もありません。

何の反応も無いのは当たり前です。私の守護神達は見抜いていました。話を聞いていました。親戚の男兄弟2人の嘘を。

せっかくこの家族が、良い方向へ向き始めた時に、この親戚の男兄弟2人がついた嘘の数々のせいで、三輪明神が、この血縁関係にそっぽを向いてしまいました。

これではどうしようもありません。お稲荷様、お坊様を、お祀り、ご供養することしか伝えられません。

何の為に、何の見栄で嘘まで付く必要があるのか、私には解りません。

素直に祀らせてほしいと言えば済む事でした!

総裁 フーマン 拝